スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕ぐれ族

夕ぐれ族

1982年(昭和57年)、愛人を持ちたい男性と金銭を得たい女性とを仲介し、愛人契約させる会員制の愛人バンク「夕ぐれ族」が登場

主催者は、短大卒を自称する筒見待子
筒見待子


「笑っていいとも!」や「トゥナイト」など多くのテレビ番組に出演して一躍マスコミの注目を集めたが、
実情は売春クラブ”であったため社会問題になり、1983年(昭和58年)12月、売春斡旋容疑で逮捕された。


本件を題材に、にっかつロマンポルノ「夕ぐれ族」が公開され、主演の春やすこのヌードが話題に。

春やすこ


春やすこは、1976年漫才コンビ「春やすこ・けいこ」でデビュー。
「漫才界のピンクレディー」と呼ばれ人気を博した。

第16回 上方漫才大賞、新人賞受賞
第10回 日本放送演芸大賞ホープ賞受賞

シングル
ハートブレイクホテルは満員/チョコレートの秘密
他人のデートは禁止したい!!
パープー・ドライバー・ブギ/ブルースなんかで口説かないで

【23%OFF!】オカンの嫁入り(DVD)

[DVD] 上方漫才まつり 昭和編 第2集


スポンサーサイト

榎本三恵子 蜂の一刺し

榎本三恵子

ロッキード事件で「蜂は一度刺したら死ぬ」という、いわゆる「蜂の一刺し証言」で、故田中角栄元首相を有罪に追い込んだのは、元首相秘書、榎本敏夫被告の夫人だった榎本三恵子さん。その後、雑誌でオールヌードを披露、91年には未婚のまま男児を出産するなど、死ぬどころか世間に一刺しを繰り返してきた。その後一体どんな生活を歩んできたのか。(週刊ポスト2004年1月1・9日号より)

NEWSポストセブンより
http://www.news-postseven.com/archives/20100921_1005.html


1981(昭和56)年10月28日 ロッキード裁判で榎本被告の夫人・榎本三恵子が田中元首相の5億円受領を裏附ける証言をした日。「ハチのひと刺し」が流行語に なった。

ペントハウス日本版7月号に、榎本三恵子(34)のヌードグラビアが掲載された。
これは5月に加納典明がハワイで撮影したもの。
榎本は元々、ロッキード事件で田中元首相の秘書だった夫の榎本敏夫に不利な証言をした「蜂の一刺し」発言で知られ、離婚後は実業家と結婚したが、実業家が横領で逮捕され離婚、「生まれ変わりたい」とヌードになった。

榎本三恵子

加納典明ヌード写真集
加納典明ヌード作品集 (プレイボーイ写真文庫)


遺しておきたいこと―女、愛、生、死 (1982年) 榎本三恵子

FAIRIES―池谷朗写真集 (池谷朗「昔」写真館)

スキャンダルしてますか (1984年)榎本三恵子



tag : ロッキード 加納典明 熟女

おすすめ
最新記事
プロフィール

グッドミー

Author:グッドミー

QRコード
QRコード
free
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。